1. ホーム
  2. サービス紹介
  3. クリーンルーム・実験機器保守点検

クリーンルーム・実験機器保守点検

病院・工場・研究施設等のクリーンルームに関わるメンテナンスサービス例を紹介いたします。

クリーンルーム・実験機器保守点検

<風速・リーク・清浄度測定>
当社では、クリーンルームが設計当初に求められている環境を維持しているか、検証業務を行っております。風量測定・リーク測定・清浄度測定を実施し、検証の結果を報告すると共に性能の低下が見られた場合は、改善や修繕のご提案をさせて頂きます。また、ニーズに合わせたバリデーション業務にも対応いたしますので何なりとご相談ください。

<手術室、クリーンルーム清掃>
クリーンルームの環境維持には設備の保全のみならず、室内の定期的なクリーニングが必要不可欠です。
当社では、ニーズにマッチした燻蒸作業・消毒作業・クリーン清掃のお手伝いをさせて頂きます。また、必要に応じて浮遊菌や付着菌の検査も実施いたします。

<バイオハザード対策用クラスⅡキャビネット検査>
使用者の安全や検査の信頼性を維持するために装置の性能検査が不可欠です。
バイオハザード対策用クラスⅡキャビネットの現場設置検査技術研修セミナーを終了した専門技術者が、HEPAフィルタの交換からJIS規格に基づいた性能検査まで、全てのバリデーションに対応いたします。

<局所排気装置・排ガス処理装置のメンテナンス>
実験機器の中でも定期点検が法令によって(特化則、有機則)定められているのが局所排気装置(ドラフトチャンバー、排気フード等)です。排ガス処理装置(スクラバー・活性炭ユニット)に接続されている場合は、充填材の洗浄、活性炭交換、機器点検等を定期的に行うことで、装置の機能維持が実現します。当社では、経験豊富な技術者が全ての作業に対応いたします。